アバターロボット

あばたーろぼっと

テレプレゼンスロボット、分身ロボットとも呼ばれる。遠隔地から人間が操作する対象となるロボットであり、操作する人間がこのロボットを通して臨場体験したり、ロボットを介して、別の場所にて作業を行うことなどを目的として構成されたロボットシステム。操作する人間の数とアバターの数は必ずしも1対1でなく、N対Nの任意の構成も想定される。