リンク(機械機構における)

りんく

複数の物体を組み合わせて相対的に動作させる機械要素。その内の2つの結合部を「対偶(ジョイント)」といい、対偶の組合せをリンク機構という。