力拘束把握

ちからこうそくはじ

対象物の自由度が、接触点における摩擦を考慮しないで1以上であるが、接触点における摩擦を考慮して0以下である把持。