把持安定性

はじあんていせい

外乱力を受けたために対象物の位置がわずかに変化した後で対象物がグリッパ内の最初のポーズを回復するような把握状態。