滑り検知

すべりけんち

次の状況で用いられる指と対象物との間の滑りのセンシング。a)重すぎる対象物の把持又は持ち上げを避けるため。b)対象物のゆるい、不安定な把持を避けるため。c)すべりを生じないために必要な最小の力で対象物を把持するため。