狭隘部(ロボットハンドにおける)

きょうあいぶ

狭く、ゆとりがない部位。把持・把握の際、ロボットハンドの駆動に必要な周囲との空間・クリアランスが少ない部位。